カワセミ(2017/2/4 手賀沼)

2012/1/26,28 化女沼~蕪栗沼

化女沼には、オジロワシ2羽(26日)。
頭上を通過。

オジロワシ

1羽は凍結した湖面に舞い降りた。

オジロワシ


サカツランガンを探しに周辺田圃を探したが見つけられず。
代わりに、シジュウカラガン(26日2羽、28日5羽)。

シジュウカラガン


蕪栗沼では、サンカノゴイを観察。
26日は2回ほど飛んだのを目撃。
28日はコミミズク、ハイチュウ♂狙いで遠くばかり眺めていたが、
目の前にサンカノゴイが歩いているのを、親切な女性に教えられて。


サンカノゴイ

サンカノゴイ

サンカノゴイ



この他には、ハイイロチュウヒ♀、ハイタカ、ミコアイサ(化女沼にいっぱい)など。


2012/1/14,19,21 蕪栗沼

最近は、蕪栗沼しか行く気がない・・・というわけで3回連続まとめて猛禽だけ。

北西の田圃には、コチョウゲンボウ♀。

コチョウゲンボウ


いつもの処には、オジロワシ2。

オジロワシ

ハイチュウ♂はヨシ原に。

ハイイロチュウヒ

この他には、ハイタカ、オオタカ、チュウヒ、ハヤブサ、タンチョウ、タゲリ、ベニマシコ、ツルシギ、ミコアイサなど。

猛禽4種

タンチョウ


2012/1/6 蕪栗沼

今年最初のBWはやっぱり、聖地 蕪栗沼。

南側の田圃には、3年連続?飛来のツル。

タンチョウ

農業用水路には、久しぶりに クサシギ。

クサシギ

南側の駐車場から落雁を見ていたら、市職員の方が石灰を撒きに来た。
そして「さっき、コミミズクが沼に方に飛んでいったよ」と、聞き捨てならぬ事を
教えて頂いたので、急遽沼のほうへダッシュ。
しかし既に薄暗く、遠くにおそらくハイイロチュウヒと思われる鳥影を見たが確認できず。

他には、オジロワシ1羽も確認。
いつもなら、マガンの群れをひとつひとつチェックするのだが、疲れるのでパス。

近い将来の次回に期待。



迎春 V1

双眼鏡を首から提げ、一眼レフカメラをたすき掛けにして歩くスタイルをずっとやってきたが、
軟弱バードウォッチャーの私としては、なるべく機材は軽くしたい。
たまにデジスコにも挑戦したが、いっこうに向上しないので諦めていた。

V1なら、一眼レフとしてもデジスコとしても使用できる・・・・かも??
というわけで、半年分の小遣いを献上して買ってしまった。
もともとNikon機を持っていたが、野鳥撮影に使えるレンズがなかったので
Canon機に乗り換えたのだが、画質も精度も満足できず、Nikonに戻りたかった。

FT1アダプターを使い、300mmレンズがなんと 810mmに。
ファインダーが液晶なので厳しいかもしれないけど・・・・・
さらにFマウントだと、AF-Cが使えないけど・・・・・

識別できる程度に写っていれば良し。
カメラ至上主義でもないので。
さらにデジスコ用のアダプターも販売されているので、また挑戦しようかなぁ。


NIKON1V1


About This BLOG

ペンネーム : はねけん

・バードウォッチングの話題を中心に日常身の回りの出来事、趣味の旅行、カメラなどの話を記していきます。

・なんやかんやで10度目の転勤で、昨年から宇都宮市へ。

Bird3 もご覧下さい。

カテゴリ
最新記事
過去ログ
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
My Favorite
ハイイロヒレアシシギ
ハイイロヒレアシシギ
(2014/5/1 奥州市)
岩手県に転勤してから初めてのライフリスト入り。しかもより美しいとされる♀成鳥夏羽。発見したときは、舞い上がってしまって手が震え、カメラのピントがなかなか合わず焦った。

ジュウイチ
ジュウイチ
(2010/5/13~14 仙台市)
毎日15時ぐらいなるとここに来て、毛虫などを食べていた。1週間ほどで姿を消してしまったが、思わぬサプライズで楽しませてくれた。

フクロウ
フクロウ
(2010/5/15 蔵王)
2週間前はこの親鳥が巣箱の中にいたが、この日は巣箱に雛が2羽。近くにいたこの親鳥がじっとこちらを睨んでいた。

ハクガン
ハクガン
(2010/10/29 伊豆沼)
数百羽のマガンの群れの中に、1羽だけ輝いて見えた。昨季10回通って見つけられなかったのが、今季は早々に見つけられたので、肩の荷が下りた気分。

トキ
トキ
(2011/9/18 富山県黒部市)
宮城県に飛来した時は不覚にも見逃した。今回2年半後にもやもや気分を晴らすことができた。黒部のMさんに感謝、感謝。